記事一覧

株はもっとも簡単に始めることができるビジネス

お金を儲ける、あるいは稼ぐことをビジネスといいます。ふつうビジネスを始めるには事務所や店舗の準備からはじまり、ライセンスや許認可の届け出、仕入先および顧客の開拓と、たいへんな手間を要します。しかし株に関しては、証券会社に口座を開くだけで簡単に始めることができます。さらにおいしいのは、維持継続労力と撤退コストが、おそろしく低いということです。仮にあなたがレストランを始める場合、店舗の取得(購入か賃貸...

続きを読む

下げ相場は「コレクター」になる絶好のチャンス

定期的に収入のある世帯や個人など、いわゆる兼業投資家にとって、下げ相場は絶好のチャンスとみることができます。上げ相場ではなかなか手の出なかった銘柄が、2-3割引きはあたりまえのバーゲンセールとなるからです。高配当や好優待の銘柄を狙うもよし、今後も成長が見込まれる銘柄を狙うもよし。買った後にさらに下がることを恐れていてはいつまで経っても買うことができません。あらかじめ「このくらいの値段だったら買っても...

続きを読む

優待は金融教育に良いツール

相場が悪くなると、優待銘柄が物色されます。すかいらーくは業績は良くないのにも関わらず、12月が権利取りのため、1900円台という年初来高値を取ってきました(2018年12月7日現在)ご家庭にお子さんがいる場合、外食は単なる食事ではなく、家族のイベントになります。その外食に優待を使って行くことができたら、家計に優しいだけでなく、お子さんに金融教育をする良いきっかけになります。なぜ、現金を払わずに食べることができ...

続きを読む

分散投資についての考察 2/2

分散投資について、銘柄によって多様性をもつことはとても大事ですが、それだけでは不十分です。お金を株に変換しておく期間、すなわち「投資時間の分散」こそリスクを軽減し、ポートフォリオの成長を促進するものです。1年後に5パーセントの配当が見込める銘柄が1ヶ月後までに5パーセント値上がりし、利益確定した場合、未来が11ヶ月早くやって来たことにほかなりません。あたかもタイムマシンに乗った効果が得られます。もしこの...

続きを読む

分散投資についての考察 1/2

リスク管理には分散投資が重要、とはよく聞くことです。しかし、世の中を眺めてみると、みかけ上は分散投資ながら、属性を固定してしまっているため、偏った投資になっている人を多くみかけます。すなわち、米国株の中だけで分散投資日本株の中だけで分散投資成長期待株の中だけで分散投資高配当株の中だけで分散投資優待株の中だけで分散投資(お母さん投資家にありがち。。)といったものです。なるほど銘柄は分散させているかも...

続きを読む